事故対応やロードサービスから自動車保険を選ぶ

代理店型とダイレクト型どちらにするのか

任意の自動車保険に加入しておけば、より安心感もありますが、代理店型とダイレクト型のどちらにするかでも悩むところです。ダイレクト型は保険料が安いのは魅力ですが、事故対応に不安があるという人もいます。まず、代理店型でもダイレクト型でも事故が起きたときは保険会社の事故対応サービスに連絡をすることが一般的です。その場で何をするのかをアドバイスしてもらえますし、レッカーの手配なども行います。代理店型の場合も、代理店が内容を保険会社に伝えますので、事故対応にはそれほど差はないといえます。事故が発生したときは、被害者を安全な場所に移動させることや二次被害を避けることが大切ですので、どんな保険に加入している場合でも落ち着いて行動するようにしましょう。

ロードサービスの内容も比較しよう

最近は多くの保険会社でロードサービスが自動付帯されるようになっていますが、内容は保険会社ごとに違いがあります。保険会社を選ぶときは、ロードサービスの内容もよく確認しておきましょう。ロードサービスはパンクやガス欠、バッテリー上がりなどの故障やトラブルへの対応さらにレッカー移動や宿泊費、移動交通費などのサポートがあります。特にレッカー移動は移動距離が長くなるとそれだけ自己負担も増えてしまいます。レッカー移動は距離無制限で無料にしている保険会社もありますが、無料での移動距離が短いところもあるので、よく比較しておきたいところです。迷ったときは複数の保険会社で内容を比較し、実際にロードサービスを利用した人の意見や口コミなども参考にしてみましょう。