保険料から自動車保険を選ぶ

費用を抑えて自動車保険に加入をするコツ

自動車保険に加入するに当たって重要なポイントの一つに費用があります。万が一の事故やトラブルに備えることが目的の自動車保険はマイカーを所有している限り加入し続けなくてはいけません。例え数千円程度の違いであっても長期間に渡って契約を続けていれば大きな差額になります。少しでも保険料を抑えたいという場合に有効なのがダイレクト型です。自動車保険は大きく店頭で担当者と話をしながら進めて行く店舗型とインターネットを利用して手続きを行うダイレクト型の2種類にわかれています。ダイレクト型の保険は店舗型のように維持費や人件費などのコストが掛からない分、費用が安くなっているのが特徴です。費用の安さを重視する人はダイレクト型が適しています。

保険料を基準に選ぶ場合の注意点

契約に掛かる費用が安く設定されているダイレクト型は保険料を重視する人向きですが、加入するに当たって注意すべき点もあります。その一つが加入までの手間と時間です。店舗型は専門の知識を持った専任担当者の説明を受けながら自分に合った商品を選ぶ形となるので初めての人でもスムーズに加入できます。一方ダイレクト型はコスト削減のために専任の担当者が付かないため、一つひとつ内容を自分で確認した上で判断をしなくてはいけません。中にはよく内容を確認しないで決めてしまったことで自分に必要のない商品を選んでしまうという失敗例もあります。費用を大幅に抑えられる反面、加入までに若干の時間と手間が掛かってしまうのがダイレクト型のデメリットです。